« この曲良いね!誰? vol.20 nj 特集 | トップページ | tPod Shuffle vol.2 Natsu »

2006年8月 8日 (火)

TACK CAST MUSIC SPECIAL vol.3 Brown Coast Live!

060804browncoastlive7月の「 この曲良いね!誰?」で特集した4アーチスト、夫々にライブがあったのですが、今回はその全てにお邪魔してしまいました。題して「夏のライブ行っちゃうよ!」シリーズ、その締めくくりは8月5日に御茶の水KAKADOで行われたブラウンコーストのライブです。

「KAKADOとはオーストラリアの原住民族アボリジニーの言語で聖地をさします。
アコースティックの聖地にしたいそんなスタッフの想いのつまったトタン屋根倉庫を改造した手作りのライブハウスです。」

と、HPに書かれているのですが、本当にアットホームなライブハウスでした。

そこに、KAKADO史上最高ステージ登場人数となる8人のブラウンコーストのメンバーが登場しました。
1曲目は「河のように」。
一時期、多摩川の辺りで暮らしていた僕には、とても共感できる曲です。
写真

そして2曲目はカバー曲で「サークルゲーム」。
この曲を聴くのは何年ぶりでしょう?
多分近い年代のmakotoさん、リアルタイムでこの曲にそして映画に触れて、そこに想い出があるのではないでしょうか?
16歳(?)のボーカルメグさんも、そんなオヤGの心を揺さぶる唄で聴かせてくれました。
次は、この日熱射病で倒れたと言うリードギターの田中さんの作った新曲「摩天楼」。
makotoさんとはひと味違うテイストですが、ブラウンコーストサウンドのこれからを感じさせる一曲です。
写真

そして、ラストにメンバー紹介が入る「Sea Said」、海辺の街の片隅のサンセットバーでポケットにしまいたい想い出に酔う、良い曲だよなぁ〜。
5曲目は暗夜鉄道」、僕はこの曲を聴くと北海道で列車に乗った時の事を想い出します。
街の灯りを抜けると雪原に列車の灯りが反射してしかもその先はどこまでも暗闇の中と言う、本当に空を飛んでいるような不思議な気持ちになったんです。
そして、遠くに次の街の灯りが見えてくる・・・
ラストは「Carry on」、♪信じてたLove Songいつまでも と言う最後のフレーズがとっても大好きです。
そのフレーズの余韻と共にライブは終わりました。
写真

急遽出張に出てその帰りに寄ったので、makotoさんにだけご挨拶して、お誘いを受けていた打ち上げには参加せずに帰えりました。
またメンバーの皆さんとお話しする機会を逸しましたけど、いつか皆さんにもご挨拶したいと思っています。

ブラウンコーストのみなさん、素敵な夜をありがとう!

Today's Music
摩天楼:ブラウンコースト
Carry on:ブラウンコースト
(8月5日のライブ音源をアーティスト様の了解を得て使用しています。アーティスト様の許可無く使用する事はご遠慮願います。)

「MS3.mp3」をダウンロード

|

« この曲良いね!誰? vol.20 nj 特集 | トップページ | tPod Shuffle vol.2 Natsu »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136976/11331738

この記事へのトラックバック一覧です: TACK CAST MUSIC SPECIAL vol.3 Brown Coast Live!:

« この曲良いね!誰? vol.20 nj 特集 | トップページ | tPod Shuffle vol.2 Natsu »